« どこにいたって どこにいーたーって | トップページ | 涼風至 »

2013年6月23日 (日)

日曜日

先週末から、いわゆる会社というものに勤め始めました。

「休日」としての日曜日を実感するのは、たぶん小学校卒業以来だと思います。

接客販売の仕事を辞めてから三ヶ月の間、何の肩書きも持たずにやっておりました。
肩書きというのは、社会から期待されているなんらかの役割を示すものであります。
それが、ない、ということをすがすがしく受け止められるだけの余裕がなかったものですから、
周囲からなんにも要請されない、というのはなんと孤独なことだろうという思いに日々鬱々としておりました。
鬱々どころか、半狂乱という具合にもなっていました。
自分の弱さの核の目の前まで引き寄せられ、その全貌をとっくり鑑賞することに日々を費やしていたように思います。
立ち向かうこと、まして打倒することなどはまるで叶いませんでしたが、その体験には絶対に意義があったといまは信じたい所存です。
おそらく急所は急所のままでしょう。そのポイントは死ぬまで同じかもしれません。
肩書きがあることで得る安心感は、虚飾だっていうこと
なにをしでかそうが、はたまたなにをやってのけようが、わたしはわたしだっていうこと
翻弄されなくてもいいということ
自分が自分であることに恥ずかしさがなくなってきた、そんな気がしております25歳の夏です。

|

« どこにいたって どこにいーたーって | トップページ | 涼風至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95116/52149951

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日:

« どこにいたって どこにいーたーって | トップページ | 涼風至 »