« なんといっても | トップページ | まもってくれるそうです »

2010年4月12日 (月)

苦手なことについて

何か沢山あるモノの数を数えることと、
物置や倉庫などからある特定のモノを探して来ることが、
小さい頃から本当に苦手でした。

数に関しては、現在いくつまで数えていたのか
ちょっと他のことに気を取られればすぐに忘却してしまうし

何かを探して、見つからん、ここには無いに違いない!と結論して先方へ報告、
どれどれと他の人が見に来るや否や探し物があっさりと出て来て、
一体どこに目を付けてるの!と叱られた経験も数知れず。

刷り込まれたニガテ意識の結果か、
「数える」ことと「探してくる」ことを誰かに頼まれると
それがどんなに気軽な依頼だったとしても
未だにドキッとしてしまいます。
その任務を行うのが私一人だった時にはもう大変です。

誰にでもできることなのになぁ。

それがとても下手っぴであることを普段は公言などしませんし、
そんなことはおくびにも出さずに暮らしている私自身、その拙さを忘れてすらいるのです。
その分、実際モノを数えたり探したりすることになる度に戦々恐々としております。

自分の、人としての基本スペックがとっても低かった! という事実を思い出すことへの恐怖だと思います。

そして相変わらずの下手さ加減を実感する度、いつか克服したいものだと思うのであります。

|

« なんといっても | トップページ | まもってくれるそうです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95116/34197772

この記事へのトラックバック一覧です: 苦手なことについて:

« なんといっても | トップページ | まもってくれるそうです »