« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

再会!

再会!
(写真:着物詰め込んだ巨大なバッグを背負う愉快な二人組)

ここのところ再会ラッシュです。
昨日は高校のボート部の面々で集まり、
今日は飛蝗隊の木本さんとまぁちゃんが、再び着物を取りに大学まで来てくれました。

不思議な縁で出会ったみんなが、
共有した時間の延長線上で相変わらず奮闘してるんだと確認。励まされました。

バッタの下にみんなが集ってからもう半年というのもびっくりします。
そして半年いなかった私を解雇せず、それどころか忘年会に呼んでくれる野毛山なかよしショップ…ありがとうございます。

つながりのありがたみをひしひしと感じたこの一年間でした。

そして12月。
しっかり、締めくくりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

とりとめもなく

とりとめもなく
(写真:飼い猫を下から見上げるという幸せ)

・取得以降、一度も車の運転をしていないのに免許証の更新手続きに行ってきました。
クルマの恐ろしさをアピールするおっかない映像を見て、いよいよ運転したくなくなりました。

・友人が立ち上げたダンスカンパニーのデビュー公演に立ち会いました。当事者のがむしゃらさっていうのは、すごくいいなぁと思いました。
客席は若者で満員でした。

・高校時代の先輩が結婚するとのこと。これは大変と、パーティーに着て行くためのドレッシーな服を買いました。かわいい後輩の高次さんが吟味してくれました。
思えば誰かとお買い物をしたのはこれが初めてです。

・回復と、あとはとにかく考え中。会う人、読む本、いちいち身に沁みる。
……がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

(色々考えたけれど、タイトルなし)

17日、
帰省する電車の中で
ゼミの先生である大里さんが亡くなったとの報せを受け、
横浜へ舞い戻りました。
そして20日が告別式。お別れをしてきました。

お別れはしたけれど、
これから先も、というよりむしろこれから私は大里さんのことを
知って、思い知って、追って、いくんだと思います。
今まで目にした姿や言葉、聞いた声、話したこと、
私の中に残っているそんな手がかりを頼りに、自分なりの方法で探して行くんだと思います。

3年の春、なんで大里ゼミに入ったの?と色々な人から聞かれました。
今思えば、どんな理由よりもとにかく入りたかった、のが第一でした。
絶対に本気で、その時点における全力で以てぶつからなければならない相手でした。
ゼミの発表の準備や本番の度に感じたあの緊張感は、唐さん通し直前の感触と同じでした。

大里さんによって切り開かれた世界の広さは、まだまだ全然、はかりしれません。

集まった皆さんの話に耳を傾けながら感じたのは、
バカな教え子のはしくれとして、
私は生きている限り、この経験に応えていかなければならないということです。

今はただひたすら、そんなことを噛み締めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

大盛況のうちに終了

大盛況のうちに終了
(写真:みんな真剣。夜まで続きました)

たくさんの着物。
置いておけるスペースもごく限られているので、

ここは皆さんに連れ帰ってもらい

大事にしてもらえる人たちの手元に置かれ
時には愛でて頂ければ
着物達もきっと嬉しいだろう

それならわたしもハッピー、
みんながハッピー、

というわけで
天気のよい日曜の昼下がり、
着物おすそ分け大会が
おごそかに行われました。いや、大盛り上がりでした。

春から付き合いはじめた大量の着物たち。

一枚ずつ写真を撮ってカタログを作ってた頃をしみじみ思い出しつつ、
みんなを送り出してきました。

やっぱり
もらわれてゆく子犬を見送る飼い主の心境でした。

大事にしてもらえよ!

また会える日を、実はちょっと楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

夕焼け

夕焼け
ですな


大学にて衣装類の片付け中です。
もうすぐ高次さんが来ます。

雨が止んでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

ぼちぼち

ぼちぼち
(母が送ってくる実家の猫の写真は、
帰省せよという遠回しな要請のあらわれであるような気がします)

本番終わるまでは、
終わったあとのことなどまるで考えちゃいなかったのですが、
一日経ち、二日経ち、ぼちぼち今後のことを考えはじめております。

しかし私にとっての下谷は
衣装達の行く末を見届けるまではまだまだ、
終われませんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

またお会いしましょう。

またお会いしましょう。
(写真:千秋楽終了後、衣装部の恩師・阿久津さんと)

超満員御礼!!

全12回、
ご来場頂いた全ての皆さま、どうもありがとうございました。

お陰様で、役を全うすることができました。

もう元に戻らないものと、
それでも変わらずに続くもの。
そんなことを噛み締めつつ
私はお不動さまをやりました。

またお会いできる日を、
楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

やる気に満ちている

やる気に満ちている
(講評:三幕へ向かう神保さんの意気込みがよく写っています。)

満員御礼!スシ詰め状態でした…
お越し下さった皆さま、お疲れさまです。ナイスファイトです。

閉幕後のにぎわいが何だか幸せな様子で、
ほろりとしかけましたがまだ早い。

遂に明日、
出演者、スタッフにお客さんも巻き込んで、
青テントに集う全ての人達の思い入れが炸裂する千秋楽です。
みんなでしかと見届けましょう。

お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終章開幕。

ラスト3デイズのうち一日目が閉幕、残り2回となりました!
いやしかし全く終わる感じがしません。
まだまだ、向上します。まだまだ!
最後の最後まで、往生際悪くいきますよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

休演日その3

休演日その3
(写真:この頃見かけなかった近所のジロさんと久々の再会)

今日のテーマ「たまたま」

加わったメンバーの方が
たまたま鹿の子模様の布団を譲ってくれて
たまたま中身を換えて使っていたら
取り出していた綿が偶然そこにいた先生に見初められ
衣装の重要アイテムへ思わぬ転身を見せた

というような
偶然が偶然を呼ぶ事例が、とても多いです。
そうして行き着いた先は、最初に頭で考えていた様子よりも、みな間違いなく格段に素敵です。

集まった人、もの、作業、流れは全部たまたまで、
今回の公演はそんなたまたまのパワーを特に強く感じます。

思えば私が唐ゼミにいるのも、
衣装をやったのも元を辿れば偶然の産物です。

そんな偶然のエピソードで満ちあふれた下谷万年町、
一期一会の極みです。
それゆえに再現は不可能です。

今しかない!

いざラストスパート。
がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

2週目閉幕!

下谷万年町物語、9公演目を終えました。
何より長屋の住人の皆さんが、
回を増すごとにどんどんのびのびいきいきしてきていて、
万年町の守り神としても非常にうれしゅうございます。
そして、いよいよ残すはあと3回。

何もかも全てが、そこで頂点に達するはずです。

一度はおいでよ万年町。
二度三度四度でも大歓迎です。
お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

お手柔らかに!!

予告通り襲来した冬将軍に、一同震え上がっております。
どうやら将軍は本気みたいです。
そこを何とかして、手加減願いたいものです。

明日はより強くなってやって来る、との噂。
私個人は
布団を着込んでいるようなものなので随分とマシなのです。
ずぶ濡れ組のみなさんが
どうか無事に生還しますように。

明日は二週目の最終日。
どんなに将軍が強くても、迎え撃って打倒したいものです。
それにしても半分を過ぎたら、あとは飛ぶように終わっていってしまう!

<今日の残念賞>

音響をやっている高次さんと一緒に帰ったところ、
電車でお互い眠っていたわけでもないし話し込んでいたわけでもないのに
気付いたら駅を乗り越していたのでびっくりしました。
二人で反省会しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »