« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

ナイスな雨の日

ウワサの日暮里繊維街に行って参りました。

布に興味を持ち始めてまだ一週間の私ですら、
思わずはしゃぎたくなってしまうようなワンダーランドでした。

丁度どしゃ降りの雨でしたが。
問屋さんなので、日曜日はお休みのところが多かったのですが。

布の世界…こんなに奥深かったとは。

それにしても
東京というところは、実に一駅ごとに
それぞれの世界が広がっていてすごいですね。

その後鬼子母神にて、小雨がぽつぽつとテント幕を打つ中での観劇。

二度目になると次第に、一つ一つの場面や言葉に思い入れが生まれてきます。
時が過ぎるのが惜しいような、その次の展開が気になって仕方ないような、
そんな瞬間瞬間の積み重ねです。

私もがんばろうと思いました。

とりあえず目下最大の課題は、
いかに時間をうまくやりくりするかということです。
計画性と実行力…

がんばっていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

矢のごとし!

またまたご無沙汰しております。

新たな領域に挑んでいます。

考えてみれば
大学(というか唐ゼミ)に入って以来の自分が今までやってきたことは、

DTPしかり芝居しかり
音響しかり演出助手しかり、

それまでの自分にちっとも関わりのなかったことであって、
偶然受け取ったそれらを
少しずつ自分なりに積み重ねながら今に至るんだなぁと改めて思い返し、
またこの仕事が何かに繋がっていけばいいと願いつつ
資料を集めていました。

無駄にはならない!
というか無駄にしたくないものです。
自分の仕事と言えるように頑張ろう。

長い長い充電モードから
少しずつシフトチェンジ中です。

うかうかしているうちに六月はもうすぐそこに。
天気の良いうちに色々片付けたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

冒険

このごろ、
冒険譚ばかりを読んでいます。

今日チラシ折り込みで向かった北池袋は、
不思議な雰囲気のあるところでした。

なにがうちの近所と違うのかなと思ったら、
商店街で立ち話をしているおじさんが多かったのでした。
商店街で立ち話といえばおばさんのイメージが強かったので。

そういえばこの前の昼、
野毛の通りで将棋している人達を見ました。

道でなにかやってる人が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

再会

非常に気持ちよい天気でした!
そうだよ、こうでなくっちゃ、五月。

前のバイト先の高校生たちと久々に会ってきました。
高校生だと思っていた子がもう大学に上がっていたりして、時間の経過を実感。

話に花を咲かせながら、
日頃がいかに充実しているかについて、
大人げなくもちょっと張り合おうとしてしまう自分がいます。

たしかに昔は学校に通っていればそれだけで、
一日のうちに本当にいろいろな事が起きていたけれど、

今はその分のカリキュラムを自分で組んでいるんだよなぁと改めて思いました。
それこそ課外活動や生活のことまで、全部。

負けていられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

ベテラン

先週、母とこんにゃく座のソングコンサートに行ってきました。

オペラシアターこんにゃく座。
日本語のオペラ作品を上演する、オペラ専門の劇団として、
日本中の学校やホールをぐるぐると巡回している劇団です。
年間公演数が250だなんて。溜め息が出そうです。

そんな巡業の一つ、森は生きているを、私も幼い頃に見ていました。
唐ゼミに入るまでは、それが私の唯一と言っていい演劇体験だったように思います。

何かないかなと情報誌をぱらぱらとめくっていて目に留まった、
このなつかしい名前とタイムリーな日程に、思わず予約を入れてしまったのでした。

座付作曲家の林光さんや萩京子さんのピアノに合わせて、
座員の皆さんがそれぞれの持ち歌を披露したり、全員で合唱したり。

オペラと演劇の中間にあるのがこんにゃく座の舞台だというなら、
あのソングコンサートは、コンサートと芝居の中間でしょうか。

正統な歌唱法や能力と声量の裏に、それだけじゃない歌役者さん(というらしいです)達の
歌うことに対する思い入れや熱意がにじんでいて、ああいいなぁと思いました。
歌うことが好きだ!という思いで集まって、およそ40年近くも続いている集団なんだということが、見ていてわかりました。
それはそれは、すごい純度でした。

びっくりしたのは、顔を覚えているはずもない、ある座員の方が歌い始めた瞬間、

ああ、これは、博士やってた人の声だ! と思い出したことです。

なんにも知らない年長さんだった私が、今の私になるまで、
この方はその間ずっと同じ劇団に居て、色々な場所でずっとオペラを歌ってきたんだなぁと考えたら、
その月日の積み重なりと、経て来た経験を思って、ぼーっと気が遠くなりかけました。
そして同じようにずっとこんにゃく座を追っているのであろうお客さん達の拍手に、この春新しく入座したという若者が、暖かく迎えられていました。

いいものを見ました。

芝居の内容も方法も雰囲気も、
やっている劇場も、
お客さんの層も、
私達とは全てがまるっきり違うけれど、

これからも折りに触れて、立ち合っていきたいと思える劇団が、また一つ増えました。

さあ私は、どうやって更新していこうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

クール

20090513223635

オオトカゲではありませんが、
ウミイグアナ(ガラパゴス諸島在住)。

……いい顔です。

図鑑もいいですが写真集もいいですね。

おい君、世界は広いぜと
誘われているような気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

頼もしい

20090510153035

バッタ広報活動中の野毛にて。

髪を短くするその時には、こちらにお世話になろうかなどと
真面目に検討しています。

いつも向かうのは夜ばかりでしたが、
昼に行っても面白いんですねぇ。

いたるところにお茶目さが光っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

噛みしめる

清志郎さんがむこうへ行ってしまってから始まって、
お別れ会に行って終わった先週の一週間は、
ほんとうに私にとって大きな出来事ばかりが次々と起きました。
そして色々な人に会って話をしました。

一日ずつ、少しずつ動いていきますね。
固まったりシンプルになったり実感したり、そんな七日間でした。
ああ、がんばりましょう。

ちなみに今日私は初めて、カワウソの手はとても柔らかいということを身をもって知りました。
一瞬、我を忘れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

出番待ち

午前中、遠足のお子様たちを微笑ましく眺めていました。
午後は学校で事務作業を進めて、
帰りにデパ地下をうろうろして、帰宅後また借りた映画を一本。

いいゴールデンウィークになりますように。

ところでアメリカにはスズメがいないというのは本当ですか。移民もいないのでしょうか。

写真は、隅っこにて待機中のクジャク(放し飼い)。
お客さんの方からは完全に死角でしたが、外の道路から丸見えでしたので激写。

20090419151405

あくまで待機してるんです。
サボってるんじゃないですよ。
断じて!

…人が沢山いて大変だもんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »