« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

高校生と話す

仲良しの高校生女子達と
久しぶりにごはんを食べました。
よく食べよく笑いよく話しました。

いいものです。

みんなそれぞれの時期にそれぞれの全力で、
それぞれにとって大事なことを、
やってるんだよなぁと思いました。
心の底から応援したいし、
私もあのキラキラした感じに負けないように、
努力しなきゃなりません。

がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

京都公演が終わったり、年を取ったりしました

京都公演終了!
一ヶ月間の照明オペ挑戦も終了!
多くを得ました。色々学びました。深く感じ入りました。
何もかもが、あっという間でした。

京都公演近辺で年を取るのが大学入って以来の通例になっています。
今年は本番初日でした。
一年が過ぎるのもあっという間です。
見かけ倒しを脱して、早く大人になりたいです。

これから先は、もう言い訳も、ラクも、できないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

蛇飼い

かつて舞台に出演するべく何処からか取り寄せられ、
一時期は唐研で皆の寵愛を受けていた蛇は今、我が家に居ります。
正しくはシマヘビです。性別は不明。
かなりの成長を遂げています。大きくなりました。1mはあるはず。

依然として心和むような交流は生じません。
何が満足で何が不満なのかも読めません。
いつまで経っても甘えは禁物です。

思い入れだけが募るばかりで、
実際あるのは永遠の神秘です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

京都を前に

もう三年目ですか。京都。
二年前の自分が思い出せません。
自我が芽生えてなかったんじゃないかという位に思い出せません。

今回は仔細あって新幹線移動です。
新幹線てたいそう速いらしいですね。揺れないらしいですね。

今はただひたすら、
悔いのないように。
悔いの少ないように。

痛くない過ごし方と、悔いのない過ごし方、
どっちがいいんだいって訊ねて、
その中間の絶妙なところを探して
探しているところです。
ええいもう、燃え尽きてしまえ!と思いたがるのを
なだめすかしているところです。

猫はあんなに高いところから飛び降りても関節炎にならなくて
すごいなぁ。

自分に足りないのは、しなやかさだな、と思いました。

このような様子で、
泣いても笑ってもあと一週間で終わろうとしています。
はたちが。
本当にはたちだったのか?私は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

メイメイおつかれさま

和歌山県白浜町在住のジャイアントパンダ、
メイメイさんが亡くなったそうです。

アドベンチャーワールドに子沢山のパンダが居ると聞いたのは中3の時でした。
実際お目にかかったのは、今年の夏に和歌山へ行った時の一度きりでしたが、
その有能な母親っぷりを耳にするにつけ常々感心していました。
双子を両方同時に世話できるパンダは滅多に居ません。
10頭産んだのか…。
すごいなあ。すごいお母さんだ。
もう孫もいるんだそうです。

まだまだ元気かと思っていたので、急な知らせに驚いています。
…。

ゆっくり休んで。あなたのことはきっと忘れません。
うん。死んでしまう皆に対して私にできることは、忘れないということだけなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

初日終えて

開始直前に雨が止んだと思ったら、
風がごうごうと吹きすさぶ中での川崎初日となりました。

いつもお世話になっている方々や、
話を聞いて興味を持ってくれた方々、
遠方よりはるばる来てくれた友人、同級の友人
その皆様が
このテント空間の中に集まって、この作品というものを体感しているという
それはとても凄い出来事なのだと
オペ席から見ていてつくづく思ったのでした。

人がそこに居るということ、人が集まるということの
力というものは本当にすごい。
何らかのつながりを伝ってここに集まったお客さん達のこれからに、
どんなことが起こるのか気になります。
またお会い出来たら、嬉しいことです。

大切な友人と久しぶりに電話で話し、
かつての重要な思い出を共有している人間が、
その延長線上の現在で相変わらず奮闘しているということを改めて噛み締め、
どんな言葉よりその事実に励まされました。

私は私ができることを。
そして二日目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

本日より本番!

本日11日(土)〜13日(月)の三連休、
劇団唐ゼミ☆第13回公演『ガラスの少尉』
川崎公演が行われます。

詳細はホームページにて。

各公演日前日まで前売り予約受け付けておりますので、
お時間ある方はぜひぜひお越し下さいませ。
川崎市市民ミュージアムでお待ちしております。

……ええと、唐突ですが
わたくし本公演にて照明に初挑戦致します。
がぁーっ

でーんと構えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

発表前々夜

明後日のゼミ発表に精魂込めている今日このごろです。
なんだろう、
私が私としてやっていく上での
味方を増やすための勝負を、
そこに賭けているんだと思います。

先達は沢山いて、それぞれが本当に素晴らしい仕事を遺している。
それを思い知るにつけとても心強くなる、
その一方で、
私が同じことをやってもしょうがないんだよなぁという、
焦りと楽しみがごっちゃになったような心持ちになりますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

運動会

近所の幼稚園の運動会が
9時から始まったらしく
ずっとにぎやかな野毛山の朝です。
すばらしい天気でよかったねこどもたち!

ただ聞こえてくる音

まわれーみぎ
とか
力を合わせて頑張りましょう!
とか
妙にポップにアレンジされた童謡

を聞くにつけ
次第に穏やかでない気分になってきます。

いや何を穿った見方する必要がある。楽しい運動会じゃないか。
子供騙し…いえ何でもありません。

私の通った幼稚園は何かと容赦ありませんでした。
今までの人生で一番過酷だったのは間違いなく幼稚園時代です。

とりあえず

足が速いか
石を遠くに投げられるか
高い木に登れるか
ドッヂボールが強いかしないと

人格が認められませんでした。

生まれながらにトロい私は早3歳にして落ちこぼれました。
子供の世界はシビアです。

強い奴が偉いっていう価値観を、いやというほど叩き込まれました。
私の血と汗と涙の人生は、間違いなく幼稚園に端を発しています。

あの頃の挫折があったから今の私があるわけですが…。

相変わらず楽しげな放送を耳にしながら、
どうも神妙な気持ちになってしまうある晴れた秋の朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

いかんともしがたい

いかんともしがたい
写真:先月のつがるさん(野毛山在住・長老)

後期が始まりました。
依然として首の皮一枚で繋がっている成績状況です。
見ようによってはもしかすると可能
見ようによっては絶対不可能

何かを切り捨てればいけると思います。
切り捨てるのがいやだとか言ってると駄目なんだろうと思います。

卒業するために頑張るってどうなんですかとか
今更偉そうなこと言える身分には
……無いなぁ。

商科大互換の野毛の授業は楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »