« 向学心燃ゆ | トップページ | 寝る酔う読む »

2008年3月25日 (火)

大変申し訳なく思っている

お肌にとってのゴールデンタイムは
午後10時〜午前2時で、
健やかな肌のためには、
その時間帯に良質な睡眠をとることが不可欠なんだそうです。

その間ちゃんと眠っていたことが
大学に入ってからというもの
一度も無かったということに思い当たり、
私は本当に申し訳ない気持ちで一杯になりました。

現在に至っては、その時間帯は丸々労働時間と化しているではないか。
眠るどころか、その表面を油っぽい空気やタバコの煙やらに長いこと晒しているではないか。

そもそも、
そもそも、
ヒトは元来昼行性の生き物であるからして、
今のこの生活は、
不自然である。
反自然であると言って良い。
身体が狂います。狂っています。

夜は眠り、朝はちゃんと朝日を浴びる。
そして野菜とかしっかり食べる。
美容云々に限った話ではなく、
生き物として、今のこれは如何なものかと思います。
まっとうな生き物になりたいです。

私が言いたいのは、何も私個人の身体が狂っているということではなく、
深夜労働者の人々は生体リズムを犠牲にして働いているぞということです。
善悪の問題でなく、
そういう働き方が続く日常もあります。
そういう人達が少なからず存在します。ということです。

生物学的には昼行性が理想とはいえど、
お肌に悪いとか身体に悪いとか自律神経に悪いとはいえど、
そんなこと言ったって
もう既に一部の人間は生物学の先へと行ってしまいました。
その先で生活を営み始めてしまいました。
ひとつの24時間営業の店舗には、最低1人は居るでしょう。ヒトを超えた存在が。
そういう店、世界にいくつあるのか知りませんが、一体何人居るんでしょうか。

そして、
半永久的に続く夜行性の生活に順応したヒトの肉体には、
果たしてどんな変化が顕われているのでしょうか。
夜行性のヒトとしての進化を遂げて、
例えばそれこそお肌のゴールデンタイムが
午前10時〜午後2時になったりとか
しないでしょうか。
…しないかぁ。

身体に悪いなんてそんなんわかってるんです。
ユーカリしか食べないコアラを笑うことなどできません。
仕方ないんですよね、それしかないんですもの、お互い。
はて、本当にそれしかないのか?
…とよくよく考えてみるのも、疲れるんですよね。

ああ、大変だ。
それにしても本当に、
お肌なり身体なり、申し訳なく思っています。
そして、世界中で今日も、本来の生体リズムに逆行して働き続ける数多の器官に私は心から同情します。
誰だこんなこと始めたのは。

|

« 向学心燃ゆ | トップページ | 寝る酔う読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95116/11763282

この記事へのトラックバック一覧です: 大変申し訳なく思っている:

« 向学心燃ゆ | トップページ | 寝る酔う読む »