« 守るのは難しいですか | トップページ | 鐵假面情報 »

2007年5月25日 (金)

そして思うことは

ある時期、全力でぶつかれる人達が確かに傍に居て、
そのおかげでずいぶんと成長して、
それから数年が経った今
そういうヒトばかりじゃない、
ぶつかっていくことを良く思わない人もいる、
というか
そういうコトに不慣れな人がいる、ということが見えてきたりすれど

思うことは
周りの人達が私に対して本気でぶつかってきたいと思わせるような人間になりたいと
いうことです
ぶつかるに値するというか。
日常的に、ぶつかるということを面倒臭がっているような人達に、
こいつと真っ向勝負すれば面白いだろうなと、思われたら本望。
そういう魅力に溢れたいぜ。
ちなみにぶつかるといいますのは、何が何でも敵対するとかそういうんじゃなく、
おたがいの違うところ、自分の思うこと、を自分の中で呑み込まずにとことん突き合わせていくという意味で。

ぶつかる前に避けちゃうとか、そういうの多いからさ。
避けてしまえば何かとラクでしょうが、それ、つまんないからさ。

|

« 守るのは難しいですか | トップページ | 鐵假面情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95116/6542331

この記事へのトラックバック一覧です: そして思うことは:

« 守るのは難しいですか | トップページ | 鐵假面情報 »