« ごあいさつ | トップページ | きりきりまい »

2007年1月 3日 (水)

らしくなくあれ

今に始まったことではないでしょうが、
人々の興味の方向が自分自身に向かっているらしいです。
(最初っから話が脇道に逸れますが、こういう時の「人々」って誰だよと思ったりします。)

それとどんな関係があるんだと言われると笑ってごまかすしかないのですが、
「らしくあれ」っていうことをよく聞きます。
自分らしく。ワタシらしく。

しかしここのところ私は
「自分らしさ」に縛られてはいないだろうかと思うことがしばしばあります。

慣れないことをする時、いちいちびくびくしたり。
何か楽しそうだからやってみようか、と思い立っても
「らしくないからやめておこう」と踏みとどまったり、
つまり
「キャラじゃないし」っていうのと同じようなことなんですけどね。

なんか、そういうのは結局つまらないんじゃないかと思います。
らしくなかろうが、キャラじゃなかろうが、
何だか楽しそうだと感じたのなら、
裏切り続けていくのが素敵そうです。
自分が自分の枷になっていては、笑っちゃいます。

笑っちゃいますがやっぱりおっかなびっくりです。

でも
興味を向けようが向けなかろうが、
らしくあろうがらしくなかろうが、
自分なんてものはどこへ行っても結局ついてくるもんでしょう。
そういうものは後から来るもんでしょう。

「らしくあれ」より、
「らしくなくあれ」の方がよっぽど
難しくて面白いと感じる今日このごろ。

思えば今までずっと、裏切り続けてきていました。
今度はどう裏切ろうか。

|

« ごあいさつ | トップページ | きりきりまい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95116/4785090

この記事へのトラックバック一覧です: らしくなくあれ:

« ごあいさつ | トップページ | きりきりまい »